HAAB DREAM BEAUTY CLINIC東京本院

新着情報

news

上眼瞼陥凹とは

2021-08-30

新着情報

上眼瞼陥凹とは、上まぶたにできるくぼみのことを指します。まぶたには通常、皮下脂肪の他にも眼球を取り囲んでいる眼窩脂肪などがあります。年齢を重ねるとともに、まぶたの皮下脂肪や眼窩脂肪などが減少していくことで上まぶたが陥凹してしまいます。

上まぶたにくぼみができてしまうと、目の開きが悪くなって眠そうに見られたり、疲れたように見られたり、実年齢よりも老けて見られたりしてしまいます。上眼瞼陥凹を改善するためには、眼窩脂肪を補う脂肪注入やヒアルロン酸注入、場合によっては短縮手術での治療が必要となります。

脂肪注入やヒアルロン酸注入では切開せずにまぶたのボリュームをアップさせるので、皮膚を傷つけることなく改善が可能です。さらに傷をつけない施術なのでダウンタイムも短くなります。ただし、上まぶたのくぼみが重度であれば短縮手術などが必要となるケースもあります。

ヒアルロン酸注入は施術時間5分ほどで終了しますが、脂肪注入の場合には1時間ほどの施術時間を要します。脂肪注入の場合、減少してしまった眼窩脂肪の代わりに腹部や大腿部から脂肪を採取しなければなりません。通院に関してもヒアルロン酸注入であれば必要ありませんが、脂肪注入であれば術後に脂肪吸引した部分の抜糸をする必要があります。

上眼瞼陥凹と眼窩下垂が合併している際には、眼窩下垂から治療することで上眼瞼陥凹が改善することもあります。どのような治療が必要か、たるみの具合によっても適切な治療方法が異なってきます。たるみが重度でもヒアルロン酸注入や脂肪注入は可能ですが、注入する部位や量によっては腫れぼったいまぶたになってしまうリスクもあるので注意が必要です。

投稿者プロフィール

HAAB DREAM BEAUTY CLINIC東京本院
HAAB DREAM BEAUTY CLINIC東京本院STAFF
HAAB DREAM BEAUTY CLINIC東京本院が解説する、美容医療のお役立ちコンテンツ。
東京本院:住所東京都渋谷区神宮前1-10-5
FPG links JINGUMAE
営業時間10:00-19:00(不定休)
アクセス明治神宮前駅より徒歩2分
公式サイトhttps://dream-by-haab.com/