HAAB DREAM BEAUTY CLINIC東京本院

新着情報

news

結膜側脱脂術とは

2021-08-30

新着情報

結膜側脱脂術とは、目の下のたるみやふくらみをまぶたの裏側から摘出する方法です。目の下には眼窩脂肪と呼ばれている脂肪があります。目の下のたるみやふくらみは、年齢と共に眼窩脂肪が目の下まで垂れてしまうのが原因です。眼窩脂肪が垂れることで老けている印象を持たれたり、疲れて見えたりします。

結膜側脱脂術は、目の下のふくらみの原因になる眼窩脂肪をまぶたの裏から摘出するので表側には一切傷がつきません。不要な眼窩脂肪を適切に摘出することで、目の下のたるみやふくらみを改善する効果があります。

眼窩脂肪は目頭から目尻にかけて、内側・中央・外側の3つに分かれています。たるみやふくらみの状態を見て、どこの部位の脂肪をどれだけ取り除くのかを確認します。摘出部位の確認後、下まぶたを裏返し局所麻酔を行い目の結膜側を1cmほど小切開します。そして、眼窩脂肪を押し出し3つの部位ごとに余分な脂肪を摘出します。

摘出後は止血のみで縫合は行いません。切開箇所は小さく済み、目の裏側は治癒力が高いので翌日には傷跡も塞がります。抜糸の必要もないので、通院しなくて済みます。

表側の皮膚を傷つけずに施術を終えるため、少し目が腫れぼったくなる程度でほぼ目立ちません。また、次の日からは今まで通り化粧もできるので、周囲に気づかれる心配もありません。施術後も目が腫れないことが特徴の施術法です。

目の下状態に合わせてバランス良く脂肪を取り除くため、皮膚の一部分が凹まずに美しい目元を手に入れることができます。痛みも施術後のダウンタイムも少ないため、長期休暇を取る必要もありません。目の下のたるみ等が原因で老けて見えることに悩んでいる人や、傷跡が残るのが嫌な人に適した施術法です。

投稿者プロフィール

HAAB DREAM BEAUTY CLINIC東京本院
HAAB DREAM BEAUTY CLINIC東京本院STAFF
HAAB DREAM BEAUTY CLINIC東京本院が解説する、美容医療のお役立ちコンテンツ。
東京本院:住所東京都渋谷区神宮前1-10-5
FPG links JINGUMAE
営業時間10:00-19:00(不定休)
アクセス明治神宮前駅より徒歩2分
公式サイトhttps://dream-by-haab.com/