HAAB DREAM BEAUTY CLINIC東京本院

新着情報

news

切開法とは

2021-10-01

新着情報

切開法とは、まぶたを切開してぱっちりとした二重にするための施術です。
まぶたの脂肪が多く目が重く見える人や、まぶたのたるみが目立つ人、今の二重幅をもっと広くしたい人に向いています。

一度施術をすれば、その後まぶたが一重になったり、元に戻ったりすることはありません。以前、別の二重手術・埋没法で二重にしたけれど、元に戻ってしまったという方にもおすすめです。

切開法は、まぶたを切開することで二重の線を作ります。目頭から目尻まで切開し二重の線を作る「全切開法」と、数ミリのみを切開する「部分切開法」の2種類から選べます。切開法は、ぱっちり二重や幅広二重など自分が希望する目に近づけやすいのが魅力です。

施術後は一重に戻ることもなく、ほぼ永久的に理想の二重を手に入れることができます。また、施術時には不要なまぶたの脂肪を取り除くので、目が重く見えるのがコンプレックスという人にもおすすめです。

一方で、ダウンタイムの長さには注意が必要です。施術後、1週間から10日ほど目の腫れが目立ってしまいます。
完全に腫れが引くまでには、長いと一ヶ月ほどかかる場合が多いです。抜糸後にはメイク可能ですが、腫れが目立つためサングラスや眼鏡をかけて過ごす必要があるでしょう。

長い期間休みが取れない、またはサングラスや眼鏡はつけられない人は別の方法を検討した方が良いと言えます。

美容クリニックでは、施術前にカウンセリングを行います。担当医に理想的な目について相談し、仕上がりがどのようになるかを事前に確認しましょう。また、切開法はダウンタイムが長いことと、施術後目が元に戻せないことを覚悟する必要があります。カウンセリングの中で、自分の目に合った施術はどれかを検討するようにしましょう。

投稿者プロフィール

HAAB DREAM BEAUTY CLINIC東京本院
HAAB DREAM BEAUTY CLINIC東京本院STAFF
HAAB DREAM BEAUTY CLINIC東京本院が解説する、美容医療のお役立ちコンテンツ。
東京本院:住所東京都渋谷区神宮前1-10-5
FPG links JINGUMAE
営業時間10:00-19:00(不定休)
アクセス明治神宮前駅より徒歩2分
公式サイトhttps://dream-by-haab.com/