HAAB DREAM BEAUTY CLINIC東京本院

新着情報

news

眼瞼挙筋とは

2021-10-01

新着情報

上まぶたには、眼瞼挙筋や瞼板、挙筋腱膜、ミュラー筋、眼窩脂肪、眼輪筋といった組織があります。それらをあわせて眼瞼構造と呼びます。眼窩脂肪は、眼を衝撃から守るための緩衝材のような役割を担っている部位です。

挙筋腱膜は、瞼板と眼瞼挙筋が結合している部分で、ここが緩んでしまったり、剥がれたりしてしまうと眼瞼下垂を引き起こす原因になります。眼瞼挙筋は、筋肉の収縮を利用し、まぶたを開閉させる部位です。ミュラー筋も眼瞼挙筋に含まれています。

眼輪筋は、眼の周りを覆っている筋肉のことで、眼を閉じる動作によって働く部分です。

目の周りにある眼瞼挙筋を含む組織が衰えてしまうと、眼瞼下垂になってしまう可能性が高くなります。眼瞼下垂になってしまうと、上まぶたが垂れ下がってしまうため見えにくい、まぶたが重く感じるなどの症状が出てきます。

基本的にまぶたは、眼瞼挙筋とミュラー筋によって瞼板が持ち上がるという仕組みになっています。この動作に何らかの不調が生じてしまうと、まぶたが持ち上がりにくくなってしまうのです。それだけではなく、徐々に視野が狭まってしまう可能性もあります。

眼瞼皮膚弛緩が原因で眼瞼下垂になってしまう場合もあるため、原因は一概に言い切ることができません。眼瞼挙筋などの衰えによって眼瞼下垂になってしまうと、まぶたの重みを感じたり、頭痛や肩こりが慢性化してしまったりします。

また、眉の位置が下がる、額のしわが深くなる、三白眼になる、二重の幅が広くなる、眼の上がくぼんでしまう、左右で目の大きさが違ってみえるといった変化も生まれます。顔の印象が変化してしまうため、眼瞼挙筋などを衰えさせないことは重要だと言えます。

投稿者プロフィール

HAAB DREAM BEAUTY CLINIC東京本院
HAAB DREAM BEAUTY CLINIC東京本院STAFF
HAAB DREAM BEAUTY CLINIC東京本院が解説する、美容医療のお役立ちコンテンツ。
東京本院:住所東京都渋谷区神宮前1-10-5
FPG links JINGUMAE
営業時間10:00-19:00(不定休)
アクセス明治神宮前駅より徒歩2分
公式サイトhttps://dream-by-haab.com/